iOS8.1.3バージョンアップ開始


iOS8.1.3にバージョンアップ

2015年1月28日、iOS8.1.3を配布開始。
メインのバージョンアップ内容はバージョンアップを行う際の容量を軽減する仕組みになったようで、残容量が少ない場合にこれまでバージョンアップできない状態に陥っていた方には朗報かも。
iCloude Driveをオンにしていたらキー入力が激遅くなる問題が解決されたかどうかは不明。とりあえずバージョンアップ後、オンにしてみて問題ないようなら報告を。
以下、「バージョンアップってどうするの?」っていう方向けに、バージョンアップ手順を。もちろんパソコンでのバージョンアップも可能だが、手っ取り早いiPhone単体で行う方がわかりやすいので。

バージョンアップするための環境

充電100%に近い状態または電源ケーブルを挿した状態で行う。バージョンアップ途中に電池切れになると壊れる可能性あり。といはいえもし電池残が少ない場合には警告が出てバージョンアップを開始できない。
wi-fi環境必須。
自宅にwi-fi環境ない場合は、使っているキャリアが使用可能な場所で。(softbankの場合、softbankの店舗やマクドナルド)

手順


設定をタップ


8.1.3の案内画面。「詳しい情報」で今回のバージョンアップ内容が表示。
設定に(1)のバッチが付いていなかった場合は即この画面にはならないが、「設定」→「ソフトウェア・アップデート」でこの画面に。
その場合は「ダウンロードしてインストール」になっている。
ダウンロードからの場合は約10分(光回線の場合)加えて必要に。


・ソフトウェア・アップロードの実行に必要なストレージ容量を低減。
・一部のユーザが「メッセージ」および「FaceTime」のApple IDパスワードを入力できない問題を修正
・Spootlightでappの結果が表示できない問題に対処
・iPadでマルチタスク用ジェスチャが機能しない問題を修正
・統一学力テスト用の構成オプションを追加


戻って「インストール」を実行。


同意するを押していく、


アップデートが開始される。
この後2回自動的に再起動されて完了。

実質インストール・アップデート完了までに13分弱(iPad 3rdの場合)
ダウンロードも含めると23分程度。