@i.softbank.jpのメールをパソコンで送受信


@i.softbank.jpのメールをパソコンで

SoftBank版iPhoneを使っている場合、@softbank.ne.jpとは別に@i.softbank.jpのメールも使えますが、こちらは携帯回線専用ではないのでパソコンでも送受信が可能です。
もちろんパソコン以外のAndroid系スマホやタブレットででも可能です。
IMAPという受信方式なので受信後もサーバーにメールが残っており、複数の端末で設定をした場合でもすべてから同じメールを見ることができます。

設定内容

設定内容は以下の通り。設定方法は各ソフトによって異なるのでwindows Liveメールのケースだけ掲載します。

受信方式:IMAP(SSL使用)
受信サーバー:imap.softbank.jp
受信ポート番号:993
送信方式:SMTP(SSL使用、SMTP認証あり)
受信サーバー:smtp.softbank.jp
受信ポート番号:465
接続の際のアカウント欄には「@i.softbank.jpは含めず

要点としては受信はPOPではなくIMAPであること。
SSLは送受信とも使用。
送信の際のポートは465(ついついサブミッションポート587かと勘違いしてしまう)

設定方法

以下、Windows Live メールでの設定を。


「アカウントタブ」の「電子メール」をクリック。


メールアドレス、パスワード、表示名を入力して「次へ」をクリック。


受信サーバは「IMAP
サーバーのアドレスは「imap.softbank.jp
ポートは「993
認証は「クリアテキスト」
ログオンユーザー名には「メールアドレスの@より前の部分」※@i.softbank.jpは含めず

送信サーバーは「smtp.softbank.jp
ポートは「465
SSLが必要、認証が必要にチェック


以上で完了。

以下はウィザード方式ではなく、すでに設定済の場合の例で紹介。

詳細設定タブの画面。
送信メールのポートが465、SSL必要にチェック
受信メールのポートが993、SSL必要にチェック


受信メールサーバーは「IMAP
受信メールサーバーは「imap.softbank.jp
送信メールサーバーは「smtp.softbank.jp
受信メールサーバーのユーザー名は「メールアドレスの@より前の部分」※@i.softbank.jpは含めず
クリアテキストで認証
送信メールサーバーは認証が必要にチェック