ドメインの移管手続き


国内ドメインが安価になったので移管することに

このサイトのドメイン「tsuto.net」は2003年に取得したものなんですが当時は.netや.comでもドメイン料金が5,000円/年以上するのが普通でした。
そこで海外のgkg.netというドメイン管理会社を利用して約1,400円/年で、当時としては破格値で取得しました。
しかし今となってはonamae.comで取得しても920円/年なんですよねぇ。

  1. GKGの方が高い状態になった
  2. DNSの設定が当時のままでDDNS経由にしているのを直指しに直したかった
  3. それら管理を英語で考えながらするのが面倒

そんなわけで、gkg.netからonamae.comへドメイン移管をしてみようと思います。
なお、残りの期限は1年残っているのですが、「よくある質問」を確認してみると、残期限は生きたまま移管料金でそこへ1年追加され、残2年になるようです。

事前の確認

  1. AuthCode(認証キー)が手元にあるか?
  2. トランスファーロックは解除されているか?
  3. 残有効期限は15日以上あるか?
  4. 対象ドメイン登録時に設定したメールアドレスは有効か?

以上が整っていないと移管できないようなので、まずはgkg.netにアクセスして確認。

右上にアカウントを入力してログイン


「Domains」→「My Domains」→「Manage Domains」を選びます。

GKGで取得しているドメインの一覧が表示されます。移管をしようと思っている側のドメインを選択状態にしたうえで「Continue」をクリック。

ドメイン情報が表示されます。
②トランスファーはロックされた状態なので解除します。

それから、ドメイン更新時に短期スパンでは面倒なので長期申込みしているケースが多いと思います。ですので、メールアドレスが有効かどうかがよくひっかかる所かもしれません。今は使っていないメールアドレスな場合がありえますので。
また、そのメールアドレスが有効であってもドメイン情報を表示させた際に表記されているかどうかが重要です。

Registrantの「Edit」をクリックしてWhoisでドメイン情報を確認した際のメールアドレスの状態を確認してください。
チェックが入っている場合は匿名になっていて移管ができません。チェックを外してください。

事前確認ができたので移管手続きへ

事前確認ですべてが確認できて問題はなさげなので、onamae.comへ行って移管の手続きを行います。

「移管」をクリック。対象ドメインを入力して「申込み」をクリック。
※期間限定とか書いて期限も書いてるけれど、ずっとキャンペーンしてる気が(笑

007
GKGで確認したAuthCodeを入力したうえで「次に進む」をクリックします。
※すでに他ドメインをお名前.comで持っている場合の例です。持っていない場合は「初めて利用します」を選んで適宜必要入力を行ってください。


続いてメールアドレスの確認画面になります。
念のために「確認する」をクリックしてドメイン情報を表示させ、メールアドレスが掲載されているかどうかを確認してください。
Admin Emailが使用していなメールアドレスだったり、gkg.netのメールアドレスになっている(匿名)場合はGKGの管理画面に戻ってRegistrantの「Edit」で設定を行ってください。
これで大丈夫な場合は「次に進む」をクリックします。


料金の支払い画面になります。
※すでに他ドメインをお名前.comで持っていてクレジットカード登録も済んでいる場合の例です。
これで大丈夫な場合は「次に進む」をクリックします。


最終確認画面が出るので確認をし、「□上記に同意し、上記内容を申請します。」をチェックしたうえで「申し込む」をクリックします。


クリックしたあと手続き中画面がしばらく表示されたのちに申請完了画面が表示されます。

承認確認

上記申請の後、「GKG側の登録メールアドレス宛」にお名前.comより「【重要】トランスファー承認手続きのお願い」というメールが届きます。
メール本文中に書かれているURLをクリックし、「承認」を確定させた後、移管作業が行われます。
このメールを見落とすと約一週間後、自動的に移管が中止されてしまいます。

手続き中

上記の お名前comへの手続きをしたのが2015年2月16日13:11。
翌日2月17日01:12、GKGより移管に関する確認のメールが登録者メールアドレス宛に届きました。
「移管を実行するけどもしキャンセルするなら2月21日までに」という内容ですね。

Attention: ●●●●●●●●●●
Re: Transfer of tsuto.netGKG.NET, Inc. received notification on 2015-02-16 that you have
requested a transfer to another domain name registrar. If you want
to proceed with this transfer, you do not need to respond to this
message. If you wish to cancel the transfer, please contact us
before 2015-02-21 by:* go to our website at
https://www.gkg.net/protected/domain/modify/xxxxxxxx/transferIf we do not hear from you by 2015-02-21, the transfer will proceed.One of the foundations of GKG’s business philosophy is providing the
best customer support in the domain registrar industry. If we can
assist in making our process smoother for you, answer any questions,
or if you would like to speak with a customer service agent, please
call 877-695-1790 FREE, 855-875-6611 FREE, or email support@gkg.net. Customer
service agents are available Monday – Friday from 7 AM to 7 PM, and
Saturday – Sunday from 8 AM to 5PM US/Central time.Thank you
GKG.NET, Inc.

手続き完了

そして2月22日にお名前.comより移管完了のメールが届きました。
懸念事項としては「DNSの設定情報はどうなるのか?」ということが気になっていました。
移管完了を受け取ってすぐにDNSの設定をしたとしても、完了メールが送信され、そのメールに気づきDNSの設定を行うまでには当然ラグがあるので、その間DNS情報がなくサーバーにアクセスできなくなる時間帯が発生するのでは?…ということです。
しかしそんな心配は不要でした。
移管は単に管理組織が代わるだけでなくDNS設定情報も引き継ぎ、元々gkgで設定していたDDNSを指した状態で完了していました。

お名前.comでのDNS設定

本来は自前サーバー側にDNSサーバーを立ててプライマリー情報を、そして自分のサーバーを置いている回線プロバイダーのDNSをセカンダリーとするのですが、自宅サーバー系の場合は回線プロバイダーのDNSを設定できないケースはもちろんあります。その結果、固定IPアドレスを持っていてもやむなくDDNSに頼ったりするわけですが。。。。
お名前.comはDNSレコード情報も設定できるので、これでDDNSから解放されます。
詳しい設定方法は長くなったので、別記事として書きます。
DNSレコード設定をドメイン管理会社の設定で済ませた」をご覧ください。