メーターをLED化してみると…【コペンL880K】


超中古車を買ってきました。コペンL880K

今までスマートクーペに乗っていたのですがターボが故障。ターボ載せ替え+エンジンオーバーホールを考えると中古車を買った方が良いという結論に。
そしてまたもや2シーター。コペンL880Kを買ってきました。
うん。オープンカーは面白い!
アクティブトップが楽しくてしょっちゅう動かしています(笑
かなりの中古なためあちこち手直しも必要なので、載せるテンションが余っていたらメンテナンス記録を今後公開したいと思います。

メーターのランプ交換でLED化

メーターランプの一個が切れて暗くなってたので交換しついでにLED化をたくらみましたが、失敗したので工程は意味ないので載せません。
やったことと失敗理由だけを書いておきますので、同じことをたくらんだ方は反面教師にしてください(笑
メーターを外し、7か所あるランプをすべてLEDに。
使用したのはT5超拡散3連ブルーです。

ランプの球をベース台からひっこ抜いて差し替えるだけです。
極性があるので反対に取り付けると灯かないので都度ライトをオンにして確認し、灯かなければ反対に取り付ける…を繰り返してすべて交換完了。
そして夜になるのを待ちました。

暗くて使えません

待望の夜になり、明るくなったメーターを想像していた脳内テンション!
いざ点灯!
え?
ん?
ええ?
期待をはるかに下回るどころか、標準ランプよりも暗い現実にショック。
通常ランプと違ってLEDは拡散力が弱いのはわかっていたから3連の超拡散にしたのに、まったくお話にならない状況。

まったくメーターとしての機能を果たさない状況に。
ただでさえコペンのメーター周りは暗いのに、これによりとんでもなく暗く!
唯一LED化の恩恵があったのは方向指示器ランプとハイビーム点灯お知らせランプ(中央付近の3か所)だけでした。
そんなわけでさくっと元のランプに戻しました。

有効な方法はEL版

元々「球が切れてる箇所があったからやってみた」という軽いノリだったので調べていなかったんですが、メーターを綺麗に明るくするにはLEDではなくEL版を使ってメーター盤面自身を光らせるのが良さげですね。
ヤフオクとか検索するとコペン用に作られているEL版を出品しているのを見かけました。
しかし、デザインがいまいち気に入らない。
ま、この件はそんなに今すぐ実行したいことでもないので、いずれEL版と配線を買って自分でデザインして作成したいと思います。