「Meta Manager」キーワード、ディスクリプションを簡単に設定


wordpress利用サイトでのキーワード、ディスクリプションの設定

昔からの慣例でhead内にキーワードとディスクリプションを書いておくというのが常になっていますが、wordpress利用サイトの場合どこで書くのかピンときませんよね。
もちろん、phpのソースを追えばわかる話なのですがあまり煩雑なことをするのもwordpressの意味がないので、そんな時はプラグインで解決を。
いくつかプラグインはあるのですが、最も簡単だと思えるのが「Meta Manager」。
これの設定方法を説明していきますが、まずはキーワードとディスクリプションの存在意義から振り返ってみましょう。

本当に必要?キーワードとディスクリプション

キーワード

<meta name=”keywords” content=”キーワード1,キーワード2,キーワード3″ />
キーワードはその字のごとく、検索される際にこのキーワードに合致していれば検索結果のリストに現れるためのものでした。
「え?でした?過去形?」
そう。昔は…です。
今は皆無に近いと言っていいほど意味がありません。
googleとbingは完全にこのタグを無視しますので書いても無駄です。
yahooも実際無視に近い状態です。とりあえずはクロールの際インデックスします。しかし検索の際には「よほど他に検索結果がなかった場合にのみ」使用します。
世界中に様々なサイトがあり、レアと思える情報もほとんど引っ張ってこれますよね。
ですので「よほど他に検索結果がなかった場合にのみ」なんてことはほとんどありえません。
ですのでYahooも見ていないと判断した方がいいでしょう。
「でもキーワードを書いてて損はないんじゃない?」とも思えるかもしれませんが、自社とライバル関係にある会社に「アピールしたい言葉」を教える結果になるので企業の場合は注意が必要。
そういうのも別に関係ないし、書く労力も大したことないよ…という方は書いてても構いません。
これに占める容量もたいしたことないですし。
もしかすると今後、Google、bing、Yahooにとってかわる検索サイトが誕生し、キーワードも対象とするものが現れることを期待して待ちましょう(><)

ディスクリプション

<meta name=”description” content=”〇〇株式会社ホームページ|当社は〇〇の開発をはじめ△△にいたるまで幅広い××を□□する会社です。” />
検索結果を表示した際にページの紹介文章となっている箇所ですね。
07

はい。これは重要ですね。この赤枠の文章のことをスニペットと呼びます。
ただしスニペットは「必ずしもdescriptionで設定した文章がでるわけではない」という事は理解しておきましょう。
基本的にdescriptionで設定しなくても本文がスニペットとして表示されます。
「検索された言葉によってページ内に含まれている的確な文章を探して表示する。それが無かったり迷ったりした際に表示されるのがdescription」という位置づけです。
ただし同じ文章となったスニペットは1ページしか検索結果として表示されません。
1000ページあるサイトでもここが同じだと1ページしか検索に上がりません。
逆に10ページのサイトでもすべてを変更するとすべてが検索対象になります。

プラグイン「meta managaer」のインストール


プラグイン→新規追加をクリック

02
検索で「Meta Manager」を探したうえで「いますぐインストール」をクリック

03
「プラグインを有効化」をクリック。

インストールは以上です。

「meta manager」の初期設定

04
設定→Meta Managerを選びます。

はい、ここで冒頭に書いたうんちくが影響してきます。
キーワードは前述の通り設定しません。
基本ディスクリプションも全ページが同じになっても意味がないので入力しません。
その他のチェックもすべて外し、、、、、要は初期設定は完全な空白にして「変更を保存」します。

じゃ、どこで設定するんよ?

…と激しく思われるでしょう(笑
投稿画面で行います。
Meta Managerをインストールすると投稿の際、テキスト入力エリア下に以下の入力画面が追加されます。

メタキーワードは書かなくてもいいです。
メタディスクリプションの欄に、今回投稿しようとしている記事の概要を書いてください。

説明は以上ですが、話ついでにほんのりSEOの愚痴話を。
SEOはもちろんやっていくべきことではあるのですが、本末転倒な発想をされている方に時々お会いします。
「ページ検索が上にくると儲かるんやろ?上に出すようにSEOしてよ!」ってな具合で。
そればかりを中心に考える方の商品ってきまってありきたりなものを販売してたりします。
あるいはホームページにお金をかけてなくって、内容が伝わらないものだったり。
「いくら検索でトップに表示されても、そこからサイトへの呼び込みに成功しても、肝心の商品を知ってもらったり売れなかったら意味がありません」
「SEOでトップ検索に」と言っていたのはもう昔の話です。
まだそれに踊らされてる方って、大半が「SEOしますよ業者」の口車に乗っちゃってるケースが多いんですけどね。。。。
まずは商品力を高め、良い商品の場合はそれが伝わるページ作りに集中しましょう。