投稿画面でテーブル入力ができるようにする


標準ではテーブルは自由に作れない

wordpressの標準状態ではテーブルを作る機能はありません。
テキスト入力画面にてソース入力をすれば作れますが、CMS代用としてお客さんに使ってもらう場合ではそうもいきません。
そこでテーブル作成のためのプラグインを入れます。
多くのプラグインがありますが、今回は「TinyMCE Advanced」を使用してみます。

プラグイン「TinyMCE Advanced」のインストール


プラグイン→新規追加を選択


「TinyMCE Advanced」で検索をし「いますぐインストール」をクリック。


「プラグインを有効化」をクリック、これだけでOKです。

 

従来の画面との比較です。
メニューの追加、アイコンの追加がされました。
この追加メニューはご自身の使い勝手の良いようにカスタマイズできます。

「設定」→「TinyMCE Advanced」を選択

この画面になります。
上の表示画面と下の見えていないアイコン群の間をドラッグ&ドロップすることで追加・削除が自由にできます。
また、アイコンを横にドラッグ&ドロップすることで表示順も変更できます。
「フォントファミリー」は残念なことに英フォントにしか対応していないのであまり追加の意味がありませんでした。

「TinyMCE Advanced」でのテーブル作成

テーブルアイコンをクリック。
出てきたサブメニューの「テーブルを挿入」にオンマウスすると表見本が表示されます。
作りたいテーブルの行・列数分を水色にしてクリックします。
投稿画面内にテーブルが表示されますので、角の点を持って広げると以下のようになります。

 

ここにテキストの入力をします。

セルの色、行の色、列の色、セルの連結、追加などテーブルアイコンをクリックして調整できます。


感覚的には昔からあるホームページビルダーなどのHP作成ソフトに近い感覚で作成できます。