Camera Rawが青画面になる不具合(Photoshop CC)


バージョンアップすると不具合発生

Adobe系ソフトはCC契約版を使っているので常に最新版が使えます。
でもついつい面倒で大きなバージョンアップがない限りは触っていなかったんですが、先日なにげなくすべてを最新版に置き換えました。
そして不具合発生。
一眼レフカメラで撮影したRAWデータの読み込みができない。
青画面になってしまう。

こんな感じ。
RAWデータを読みこんだ場合だけじゃなく、フィルターからのCamera RAWもこの状態に。
しかしLightroomではちゃんと普通に読める。
う~ん、Lightroomもちゃんと使えっていう嫌がらせ?(苦笑

Camera Raw9.0(2015年4月21日アップ版)からの仕様

はい、調べた結果、2015年4月21日のバージョンアップでこの仕様になったようです。
原因はGPU対応したため。
PCにオンボードではないグラフィックカードを積んでいる場合、その能力を活かしてパフォーマンスをあげるようになったらしいです。
私のようにオンボードだけで作業してるケースではこのブルー画面になってしまうらしい。
なので「GPUを使用しない」という設定をすれば解決します。

解決方法


編集→環境設定→Camea Rawを選択。

パフォーマンスの「□グラフィックプロセッサーを使用」のチェックを外せば解決します。

しかしまぁ、、、

そもそもバージョンアップの方法に問題がありますよねぇ。
自動的にGPUの有無判別をしてデフォルトを決定するか、チェックなしをデフォルトにすればエラー画面になる人が出ずに済むのに。
あるいは青画面を出すぐらいならそこにエラーメッセージで解決方法を促せばいいのに。
殿様商売らしいわ。。。。。