猫日記【第十四回】離乳食とトイレ、同時にできるように!<Kitten diary>



6月3日に離乳食移行スタートしたものの、その後約一週間、まったく進展していませんでした。

お皿入りだとミルクでも飲まない、離乳食も無理。
すっかりお皿を毛嫌いして近づかない。
指で味を教えてあげてもダメ。
お皿もいろいろ変えてみたり、ミルク・離乳食・カリカリの3種を近くに置いたりと試行錯誤したのですが。
そして、なにも食べないので見かねて哺乳瓶でミルクをあげる…ということの繰り返しでした。

昨日、心を鬼にして哺乳瓶を封印。
離乳食を無理やり口の中に押しこむこと数回。
ようやくしぶしぶ自分から舐めてくるようになりました。
そして今朝は急変。
自らお皿をペロペロなめて食べるように。
よろこんで食べ始めました。

人間嫌いになりそうで、無理やり食べさせるのは躊躇したのですが、良い方向になってよかったです。

そしてそれと並行してトイレにも進展が。
股間刺激でのおしっこの出が悪くなってきていたので、そろそろ反射動作する時期が終了と思いトイレを設置。
おしっこをさせる時にトイレで刺激するようにしていました。
今朝、自分でトイレに行ってうんちをしました!

離乳食と自力トイレ、両方がいっきに進展してうれしいです!